· 

ししとう

はいさ~い、沖縄の暑さになれてきましたか?

 

梅雨が明けて、夏至南風の時期がおとずれますね!

沖縄の夏を感じていきましょう。

 

沖縄北部では、たくさんのお弁当屋さんがあるのはご存じですか?

朝の530から開けているお弁当屋さんがあったり、100円そばがあったり、

それぞれのお弁当屋さんにファンがいて、私も仲がいいおばあがいるお弁当屋さんがあります。

 

いつもそこでの笑顔に癒されて、沖縄の昔の話を聞いたりして♪

 

お弁当は日差しや暑さに持つように天ぷらがメインのお弁当がおおいです。

特に夏によく見る天ぷらが

 

“ししとうのてんぷら”

 

です。

 

なぜ、ししとう?

沖縄の島人を支えるとても大切な野菜一つで

 ししとうの栄養素は主に、

 

カロチン:老化防止、美肌効果

ビタミンC:免疫力アップ、夏バテ防止

 

そしてなにより、強い暑さのなかでも、

暑さが強い7,8月でも多く収穫できて、長い夏を乗り越える。

 

 

ただ、沖縄は内地に比べ虫が多く、

苗になるまで大変で技術と向き合う思いが大切です。

ししとうを育てるのは農家さんの日々の努力のたまもの。

 

この沖縄の気候の中で努力して作っていただいたししとうを

美味しく調理して、その思いが人の健康に繋がっていけたらと思います。

 

 

今回、メニューではししとうを煮びたしにしてさっぱり仕上げました。夏の暑い大地で強く育ったししとうの力をもらい、夏を乗り越えましょう♪^^

 

Copyright©2018 天慈国際健康管理株式会社